2017-12-17

シリブトガガンボ亜科の一種の幼虫①


 コケを観察していると、上のような幼虫がいました。 体長は8mmほどですので、肉眼的には、体の黒い模様もコケの葉と葉の隙間に見えて、みごとな擬態としか言いようがありません。


 体節は明瞭なのですが、上の写真のように腹面から見ると、節のある脚がありません。


 上は体の斜め下から体の末端付近を撮っています。 体全体に肉質の突起が目立つのですが、特に体の末端に肉質突起が発達しているようです。
 体節が明瞭、節のある脚が無い、体の末端の肉質突起・・・これらの特徴を見ていると、以前水生生物の調査をしていた時のガガンボの幼虫を思い出しました。 ガガンボ科の幼虫には水中で暮らすものも多く、このように全身に肉質突起を持つものは知りませんが、上に挙げた3つの特徴はガガンボ科の幼虫にあてはまります。 それにコケの隙間の湿った環境と水中とも共通点がありそうです。 そこで、「ガガンボ幼虫 コケ」で画像検索してみると、伊藤知紗さんのブログ「てくてく日記」にヒットしました。
 「てくてく日記」には、これによく似た幼虫が「ミカドシリブトガガンボと思われる幼虫」または「シリブトガガンボ幼虫」として、2012年から継続的に載せられています。 さっそく伊藤さんに連絡を取り、いろいろ教えていただきました。
 伊藤さんに教えていただいた学研の『日本産幼虫図鑑』(2005年発売)には、体色は異なるものの、よく似た模様と形態の幼虫がミカドシリブトガガンボ Liogma mikado として載せられていて、記載されている特徴もほぼ一致します。 ですから、この記事のタイトルもミカドシリブトガガンボとしても良かったのですが、明日載せる予定の幼虫との関係がよく分からないので、上のようなタイトルにしました。


 上は頭部を狙って撮ったのですが、口器らしいものがはっきりしません。 ガガンボ科の幼虫には頭部が退化しているものが多いので、この種もそうなのでしょう。


 上はこの幼虫がいた最初の状態で、コケを持ち上げるといました。 全く動かず、肉質の突起は背面にくっつけ、頭部は下に潜らせています。 この幼虫の頭部を見ようとしていると、肉質突起を起こしてゆっくり体をくねらせはじめたので、撮り易い所に移動させて撮ったのが1~4枚目に載せた写真です。
 伊藤さんからいただいた私信によると、この時期にもなると、これらの幼虫たちは、コケから離れ土にうっすら軽く潜っているようです。 学研の図鑑にも「幼虫で越冬」とあります。

2017-12-16

ケゼニゴケ(12月の雌器托・雄器托)

 ケゼニゴケ Dumortiera hirsuta の柄を伸ばした雌器托(5月下旬撮影)や若い雄器托(9月下旬撮影)はこちらに載せていますが、12月中旬の様子を以下に載せておきます。


 上はほぼ真上から撮った雌器托です。 この断面を見ると・・・


 上が雌器托の断面です(反射光で撮影しています)。 柄はまだほとんど伸びていません。 受精卵から育った球形の胚が左右に見えます。


 上は雄器托です。 ジャゴケの上を覆うように育っていたケゼニゴケですので、ジャゴケの気室孔が白い斑のような模様になって背後に並んでいます。


 上は雄器托の断面です(透過光で撮影しています)。 雄器托の上面近くの縦に伸びる黒い部分は、精子が出る時の通り道に空気が入り込み、水と空気の屈折率の違いから黒く写ったのでしょう。 雌器托で胚が育っていましたから、当然精子が出た後であることは予想できましたし、造精器の所で断面が作れるか否かは運まかせですが、上の写真では、幸い赤い四角で囲った所に造精器が見られます。 下はその赤い四角の部分を、倍率を上げて撮ったものです。


 精子は残っていませんが、よく見ると精子が出て行く通り道が右上の方向に伸びています。

 顕微鏡を使用して断面を観察したついでに、葉状体の断面も観察しました(下の写真)。


 葉緑体は腹面と背面の表皮組織に集中していて、その間にある髄質にはほとんど葉緑体は見られません。 腹面には、腹面に沿って伸び、毛管現象による水の移動に関する仮根(上の写真では断面が写っています)と、下に伸びて葉状体の固定に役立つ仮根の、2種類の仮根が見えます。



2017-12-15

クリイロチャタテ


 ヤツデの葉の裏にいたウスイロチャタテ科のクリイロチャタテ Ectopsocopsis cryptomeriae です。 体長は1.6mmほどでした。 よく見ると、糸が張ってあって、その下に潜り込んでいます。 糸は冬眠中に強風などで葉が揺れて落下してしまう危険を防ぐことに役立っているのではないかと思います。
(2017.12.10. 堺市南区槇塚台)

 上の写真と同じ場所で 2014.1.7.に撮ったクリイロチャタテを、Part1の 2014.1.20.の記事にしていたのですが、Part1の調子が悪いので、下に写真を持ってきました。 体長も同じで、たぶん同種でしょう。
 この時は写真を撮っていると動きだしましたが、糸の下から出ようとはしませんでした。 糸の張り方も1枚目の写真とよく似ていますから、この糸はクモの張った糸などを利用するのではなく、やはり自分で張ったものだと思います。





2017-12-14

ウロコゼニゴケの胞子体

 12月5日に載せたウロコゼニゴケ Fossombronia foveolata var. cristula ですが、まだ青い蒴が多かったので、少し持ち帰り、その後の変化を観察し続けていました。


 上は12月11日に撮った写真です。 茎葉体はどんどん緑を失っていきましたが、蒴は黒くなり、蒴柄も伸びています。 球形の蒴の直径は 0.5mmほどです。
 このウロコゼニゴケを 12月14日に観察すると・・・


 黒かった蒴は褐色になり、不規則に割れはじめていました。 上の写真はほぼ真上から撮っていて、緑色をしているのはウロコゼニゴケ以外のコケですが、左下の蒴は割れ目ができて、中の胞子が少し見えています。 左上の蒴にもヒビが入っています。


 上の写真には、まだ緑色の蒴や黒くなった蒴なども写っていますが、左上の蒴は割れ、たくさんの胞子が見えています。 きれいに蓋が開いたようにも見えますが、これは偶然で、ウロコゼニゴケの蒴は不規則に裂開します。


 上は1枚目の写真と同じ蒴です。 この蒴の大きな裂開は横で起こっています。

 ウロコゼニゴケの胞子や弾糸の様子は 12月5日の記事に載せていますので、今回は重複を避けます。


 経過観察しているウロコゼニゴケは、ペットボトルの蓋で育てています(上の写真)。

2017-12-13

オナシカワゲラ科の一種?



 カワゲラの仲間の同定は、私にとってはとても難しいものです。 上はオナシカワゲラ科の一種だと思うのですが・・・。 ヤツデの葉にいて、寒さのせいか、飛び立つことはしませんでしたが、よく動いて、なかなか思うようには撮らせてくれませんでした。

(2017.12.10. 堺市南区槇塚台)

◎ オナシカワゲラ科と思われるもの(上と同種?)はこちらにも載せています。


2017-12-12

縁起物の植物

 「堺自然ふれあいの森」で23日に行う収穫祭のイベントの一つとして森を案内するのですが、今回はお正月も近いことでもあり、森にある縁起物の植物を中心に観察するつもりです。 3班で同様の説明をするためのメモを作成しているのですが、せっかくですので、その内容±αに写真を加えて、このブログにも載せておきます。(写真は「堺自然ふれあいの森」で撮ったものではありません。)

● センリョウ


 「千両」の字が当てられたのは江戸時代後期からです。 それ以前は「仙寥」と書かれていました。 「寥」は「もの寂しい」などの意味ですから、仙人が住むような静かな林床に育つ植物といったような意味になるのでしょうか。

● マンリョウ


 上のセンリョウ(千両)に対しての名前のようです。 センリョウの実が葉の上に位置するのに対し、実が葉の下に位置しますから、下に垂れるのは千両より重いからだとか、センリョウよりたくさん実をつけるからなど、名前の由来については、いろいろ言われています。

● アリドオシ


 蟻をも貫くような鋭い刺があり、庭に植えるのは危険なような気もしますが、これをセンリョウ・マンリョウと共に植え、「千両・万両、有りどおし(=いつも有る)」だそうです。

 千両・万両ときましたから、百両・十両にも触れておきましょう。

● カラタチバナ


 カラタチバナは常緑樹林の林内に生育する常緑小低木ですが、これを「百両」とも呼んでいます。 「百両」の名前の由来は、まだ斑入りの植物が珍しかった江戸の寛政年間に、斑入りのカラタチバナの栽培が流行し、これが高値で取り引きされたことによるようです。

● ヤブコウジ


 ヤブコウジは千両、万両、百両に比較すると、ずっと小さな木ですが、同様に赤い実をつけますので、「十両」の別名をつけたようです。 ちなみに和名を漢字で書くと、藪柑子で、「藪にある小さなミカン」といった意味になります。

 シダ植物についても書いておきます。

● ウラジロ


 注連縄(しめなわ)や鏡餅に使われるウラジロです。 ウラジロは毎年葉柄が長く伸び、その先に2枚の羽片を付けます。 数年分の羽片が生きていますから、「お父さんとお母さん」の2枚の羽片の間から翌年葉柄が伸び、新しい「若夫婦」の2枚の葉柄が出るとみなすことができます。 また、どの羽片も裏が白いので、夫婦共々白髪まで長生きしますように、という縁起物のようです。

● コシダ


 最後に、ウラジロと近縁のコシダについても触れておきます。 昔はシダといえばウラジロのことだったようで、コシダの名前は、その「シダ」に似て小さいからということのようです。

【植物学的な解説】
 植物学的な解説は、下の各植物名をクリックしてください。
  センリョウ  マンリョウ  ウラジロ  コシダ 

チャボホラゴケモドキ



 糸状藻類に覆われながらも、たくさんの無性芽をつけているチャボホラゴケモドキ Calypogeia arguta です。


 覆っているものが糸状藻類(緑藻)であることを顕微鏡で確認しておきました(上の写真)。 小さな葉を付けたチャボホラゴケモドキの鞭枝状の茎も写っています。


 上は葉身細胞です。 葉身細胞は薄壁で、トリゴンは小さく、上の写真の右上で分かるように表面はベルカ状になっています。 油体は各細胞に2~5個、球形~米粒形で、小粒の集合です。
 無性芽はみごとなのですが、糸状藻に覆われたためか、チャボホラゴケモドキは弱っていて美しい姿は見られませんでしたし、前にも載せていますので(こちら)、今回は葉身細胞を載せるに留めます。

(2017.12.6. 堺市南区 鉢ヶ峯公園墓地)

2017-12-11

ハマオモトヨトウの幼虫


 上はハマオモトヨトウ Brithys crini の幼虫です。 触れたために丸まって動かなくなった状態ですが、動かないとどちらが頭部かよく分かりません。 これも頭部を狙われにくくするために役立っているのでしょうか。 注意して見れば、右には少し尻脚が見えていますので、左が頭部だと分かりますが・・・
 ハマオモトヨトウの幼虫は、その名前のとおりハマオモトも食べますが、それ以外にも、アマリリス、スイセン、ヒガンバナなどヒガンバナ科の植物をいろいろ食べるようです。 春から年に2~3回発生を繰り返し、蛹で越冬します。 写真の幼虫も、まもなく蛹になるのでしょう。


2017-12-10

ヤマシロヒメヨコバイ




 ヤツデの葉の裏にいたヤマシロヒメヨコバイ Zygina yamashiroensis です。 チマダラヒメヨコバイによく似ているうえに、両者とも橙赤色の斑紋には変異があってややこしいのですが、本種の方が橙赤色の斑紋の幅が広くてつながる傾向が強く、チマダラの翅端付近にみられる黒斑がありません。

(2017.12.10. 堺市南区槇塚台)

 上と同じ所で 2013.2.28.に撮ったヤマシロヒメヨコバイを、Part1の 2013.3.11.の記事として載せていたのですが、写真だけ下に引っ越しさせておきます。



2017-12-08

ヒメミノリゴケ


 樹幹についていたヒメミノリゴケ Acrolejeunea pusilla です。


 湿ると葉(側葉)が背方に偏向します。 上の写真の左の茎は腹面が、右の茎は横から撮れています。


 上は腹片です。 腹片は立体的ですので、上の写真では背片に近い所に位置する2歯にピントを合わせています。 第1歯牙は1~2細胞長です。


 腹葉は円形で大きく、上の写真では茎径の3倍ほどの幅があります。


 上は葉身細胞です。 トリゴンがあり、所々中間肥厚も見られます。 油体は小型で、各細胞に7~20個見られます。

(2017.12.1. 堺市南区 鉢ヶ峯霊園)

◎ ヒメミノリゴケはこちらにも載せています。

2017-12-07

ヒルガタワムシ


 プランクトンにまで手を広げるつもりは無いのですが、クマムシの動画を撮っていた時に、同じプレパラートにいたヒルガタワムシの一種です。


 クマムシの所に書いたように、これらは乾燥させて保存していたコケの中にいたものです。 ですから、このヒルガタワムシもクマムシ同様、乾燥に対する耐性があるはずだと思い、少し調べてみました。
 ワムシとは輪形動物門に分類される動物群で、世界では約 3,000種が知られています。 その中で、やはりヒルガタワムシ綱( Bdelloidea )は乾燥に耐性があり、クマムシ同様、乾眠と呼ばれる無代謝状態になることができるようです。 また乾燥だけではなく、これもクマムシ同様、高い放射線耐性も持っているようです。
 このヒルガタワムシの体を伸ばした時の長さは、前に載せたクマムシよりもかなり長いものでした。 同じ多細胞動物でも、体の後端に趾があるものの目立つ手足が無く、眼も無いために表情に乏しく、クマムシのような人気はありませんが、生態的にはなかなか興味を惹かれる動物です。

2017-12-06

ハマキゴケの無性芽



 ハマキゴケ Hyophila purpagulifera が葉腋にたくさんの無性芽をつけていました。 無性芽は黒褐色ですが、まだ青い若い無性芽もたくさんありました。


 1つの無性芽は複数の細胞からなっています。 上の顕微鏡写真で、葉身細胞との大きさの比較ができます。


 上が無性芽です。

(2017.12.1. 堺市南区 鉢ヶ峯霊園)

2017-12-05

ウロコゼニゴケ


 上はウロコゼニゴケ Fossombronia foveolata var. cristula です。 球形の蒴があちこち顔をのぞかせています。


 1枚目の写真を見るかぎり、蒴はまだ青く未熟なものばかりのようですが、群落の断面を作ってみると、上から見える層の1段下に黒くなった蒴がたくさんありました。 黒くなっている蒴を作らなかった植物体がさらに上に伸び、そこで蒴を作っているということでしょうか。
 大変密集した群落で、下部には光が当たらず、長く匍匐している状態の茎は見当たりませんでした。


 黒くなっていた蒴を破って胞子と弾糸を観察しました(上の写真)。 弾糸の肥厚は、上の写真では環状ですが、1本螺旋のものもありました。
 胞子はほぼ球形で厚みがありますから、深度合成してみたのが下です。


 胞子の遠心面は網目状になっています。


 上は葉身細胞です。 薄壁でトリゴンは無く、油体は各細胞に 10~25個ほどあり、微粒の集合です。

(2017.12.1. 堺市南区 鉢ヶ峯霊園)

◎ 1枚目の写真では、まだ青い蒴がたくさん見えていますが、これらのその後の変化はこちらに載せています。