2017-05-16

マツバゴケ


 上はマツバゴケ Leucoloma molle です。 岩上に群生し、垂れ下がっていました。


 上は大きさが分かるように1円硬貨の上に載せて撮ったものです。 葉は脱落し易く、検鏡のために葉を取るのは楽です。 上の写真でも、茎の下部の葉が無くなっているものもあります。
 線状披針形の葉がたくさんついている様はシッポゴケ属の種に似ていますが・・・


 葉縁には上の写真のように透明な舷がありますし、


 葉身細胞にはパピラがあります。 シッポゴケ属の種には葉縁の透明な舷や葉身細胞のパピラは見られません。

(2017.3.26. 徳島県海陽町 轟九十九滝)

0 件のコメント:

コメントを投稿