2017-05-06

ヒロハシノブイトゴケ


 岩から垂れ下がるヒロハシノブイトゴケ Trachycladiella aurea 、葉は古くなると褐色を帯びてきます(上の写真の中央下)。



 茎よりも枝の方が蜜に葉をつけていて、太く見えます。


 葉縁には全周に細かい歯があります。 葉は暗く中肋は細くてはっきりしませんが・・・


 偏光で見ると中肋は葉の中部に達しています。


 上は葉身細胞です。 壁沿いに多くのパピラが密に並んでいます。

(2017.3.26. 徳島県海陽町 轟九十九滝)

0 件のコメント:

コメントを投稿